SAAD Silver Accessory

Designer デザイナー

デザイナー兼代表取締役
モハマド・ユセフ・サード

「SAAD」の代表取締役であり、現デザイナーでもある。
彼は、昔からアクセサリーに興味があり、休日に時間を見つけてはアクセサリーショップを巡り、
「いつか自分のアクセサリーショップを持ちたい」という夢を持っていた。
資金を貯め独立。
店名は自身の名前の意味が幸運だった為、その意味にあやかり「SAAD」とした。
ある日の事、ある店で出会ったアイテムに心を奪われる。
それは、赤珊瑚とトルコ石で出来たネイティブアクセサリーだった。
そのアクセサリーについて、彼はこう語っている。

「デザインの素晴らしさ、質感、どれをとってみても素晴らしいオーラが出ていました。 自分でもこの様な素晴らしいオーラのあるアクセサリーを提供したいと、一目見て思いました。」

これがSAADとネイティブアクセサリーとの出会いだった。

しかし、指輪のサイズを直して見るとメッキにシルバーをコーティングしたものや、 偽物のトルコ石を使ったものなどが多く出回っており、この事に彼は大変ショックを受けた。
本来の「ネイティブアクセサリーの良さ」「シルバーアクセサリーの良さ」を失ってしまう。

彼は決意した。
「自分のブランドを立ち上げる。」

商品にかけた戦いが始まった。 自ら天然石を選び、シルバーもメッキ等では無い純シルバーの商品。徹底した品質管理を行っていった。

こうして、SAADのアクセサリーが誕生した。 彼のシルバーアクセサリーへの思いが、このブランドを生んだのだ。

「これからも、より多くのお客様に喜んでいただけるよう、精一杯努力していきたい。」

代表取締役でありながらも、一人のデザイナーである彼からの言葉だ。

  • デザイナー

    「これからも、より多くのお客様に喜んでいただけるよう、精一杯努力していきたい。」
    代表取締役でありながらも、一人のデザイナーである彼からの言葉だ。

    More
  • これまでの歩み

    SAADのこれまでの歩みをご紹介。

    More
  • SAADの世界観

    我々は、常に「本物」を探求している。本物を探す為に気に止めているもの。それは「素材」「技術」「デザイン」そして「魂」だ。

    More
  • 素材へのこだわり

    素材は世界各国から厳選。技術は今ある「最大の技術」を駆使し、デザインはネイティブという概念に囚われる事無く、様々な方向を見据え、独自の進化を遂げている。

    More