シルバーアクセサリー SAAD(サード)ブランドオフィシャルサイト|素材へのこだわり「Silver925」

Silver925

ネイティブアクセサリーを語る上で欠かせないシルバー。
白く美しい色とその輝きから「純粋」「無垢」を象徴し、古来から神聖なものとされてきた。
SAADで使用されている「Silver925」だがその名の通り、金属の92.5%がシルバーで出来ている。何故100%にしないか。それはシルバーという金属は非常に柔らかい為、純銀(シルバー100%)で作り上げた場合、手で曲がってしまう程脆いアクセサリーに仕上がってしまうからだ。
その為、シルバーには少量の他の金属を混ぜることで強度を上げる。
実際、インディアンが製作してきたシルバーアクセサリーに使われたのもこの「Silver925」だった。また「Silver925」は別名スターリングシルバーと呼ばれている。

スターリング(Sterling)を直訳するとその意味は「本物」。
その名の通りSAADのアクセサリーには「本物のシルバー」が使われている。

近年、市場にシルバーの高騰から「Silver925」の刻印が入っていながらも、純度が違うシルバーが少なからず流出していると聞く。一見違いは解らないのだが純度が違う場合、耐久性の問題や、金属アレルギーの反応が起こる場合が多いのだ(金属アレルギーは銀以外の金属が起こすもので、銀での発症は少ない)。
良質のシルバーの場合、シルバーの輝きの違いは勿論の事、耐久性の高さ、アレルギー反応の出辛さといった利便性も兼ね備えている。

是非とも本物のシルバーアクセサリーを身に付けていただきたい。